2008年05月30日

男性型脱毛症(AGA)

 若ハゲの代表的なものが“男性型脱毛症”と言われる脱毛症です。
男性型脱毛症は、男性ホルモンが関係していると思われる脱毛症ですが、髪の毛の毛乳頭の細胞内には男性ホルモンを受け入れる受容体があり、これに結びついている男性ホルモンが毛髪のタンパク質の合成を阻害し、再生のサイクルを狂わせると考えられています。
発毛商品


ハゲに効く育毛剤 ⇒ RAKUTEN
芸能人カツラ情報はコチラ ⇒ninnkiranking
髪の悩み解決 ⇒ ブログランキング

 受容体の男性ホルモンに対する影響には個人差があり、同じ人の頭部においても男性ホルモンの影響を強く受ける部分と、あまり影響を受けない部分があると言われています。脱毛は男性ホルモンの影響を強く受ける部分で発生するようです。
しかし、なぜ男性ホルモンの影響を強く受ける部分とそうでもない部分があるのか、個人差がなぜ生じるのかなど、男性ホルモンが引き起こすと思われている男性型脱毛症の詳しいことは、まだ確かな答えは出されていません。
posted by ハゲオ at 06:14 | TrackBack(0) | はげ予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック